初デートのときは男性のおごり?そんな疑問にベストアンサー

初デートは男女の今後の関係性を決める大事なプロセスの一つです。

そしていざ初デートするときによく浮かび上がる疑問が、“男性が女性におごるべきかどうか”です。

初デートを成功させるために“初デートに男性がおごるべきかどうか”についてのベストアンサーを考えてみました。

初デートのときおごる派と割り勘派についての意見

初デートのとき、あなたはおごりますか?それとも割り勘にしますか?

男女それぞれの考えを知り、自分のなかのスタンスを決めていきましょう。

おごる派の意見

初デートのとき、おごるか割り勘するのかについてのアンケートをみたところ、おごると答えた男性は約7割いました。

初デートのときに男性がおごる派の意見としては、

  • 初デートくらいカッコつけておごりたいから
  • 男としてのプライド
  • 男性が女性におごるのは当たり前

といった意見が多いです。

いわゆる「男は泣いてはいけない」というようなある種の暗黙知として認識している男性が多いようです。

やはり男性側には女性にはおごるという認識が根強く残っているようで高い割合になっています。

男女別の割り勘に対する意見

それでは割り勘派の意見は一体どういったものなんでしょうか?

男女別にみていきます。

男性の割り勘派の意見

ネット上のアンケートをみると男性の割り勘派も約3割と、そこそこの割合でいます。

男性の割り勘派の意見としては、

  • 一度おごってしまうと次もおごらなくてはいけなくなってしまう
  • そもそも男性が必ずおごらなくてはいけない理由はない

という意見が主なようです。

確かに一度おごってしまうと次もおごってくれるだろうと相手に期待させてしまい、次もおごらなくていはいけない雰囲気になってしまいますよね。

あと男性がおごる理由はないというそもそも論ですね。

これもいわれてみれば確かにそうだと思える意見です。

女性の割り勘にする理由

初デートのとき、割り勘にする女性は約6割いるようです。

女性が割り勘にする意見としては、

  • 自分の分は自分で払うのが当たり前
  • 男女関係に上下はないから

といった意見が多いです。

男性が思っているより割り勘派の女性は多く、男女関係に上下をもちこみたくない女性が多いようです。

日本はかつて家父長制でしたが、昨今は男女同権のもとに女性の社会進出が盛んなのも背景にありそうですね。

女性のおごってほしい理由

一方、おごってほしいという女性の意見もあります。

  • 初デートのときくらい男をみせてほしい
  • 男性が割り勘にするときは脈なしのときだから
  • 初デートはおごってほしい!次のデートからは割り勘でOK

このように男性が初デートのときにおごるという行為に脈ありのサインだと認識している女性が多いようですね。

男性は気がある女性にはおごった方が成功率はアップするでしょう。

その他の中間の意見

初デートのときおごる派と割り勘派の意見だけみてきましたが、その他にもさまざまな意見があります。

  • 初デートはおごるが2回目はおごらない
  • おごる金額や内容による、食事ぐらいならおごるけど、映画はおごらない
  • 相手が年下であればおごる、同年代や年上におごるのは状況による
  • 経済的に余裕のある方がおごればいいので、相手によって変わる
  • デートに誘った側が出すべき
  • 男性が少し多めに出すぐらいでいい

確かに食事をおごるのはありふれていますけど映画をおごるというのは少し変な気がしますね。

あとはデート回数や年齢、経済状況、デートに誘った側といった状況によっておごるか割り勘かを変える人も多いようです。

このように人によってさまざまな意見があるので、柔軟に対応できるようにするのが一番いいのかなと思います。

結局、初デートのときどうするのが正解?(男女別の意見)

これまでさまざまな初デートのときにおごるべきかどうかについての意見をみてきましたが結局のところどうするのが正解なのでしょうか?

男女別のベストアンサーを考えました。

男性の場合

男性は初デートのとき結局おごるべきなのでしょうか?割り勘でもいいのでしょうか?

総合的に判断したベストアンサーを考えました。

結論、男性がおごるべき

結論からいうと男性は初デートのときは基本的におごるべきでしょう。

まず、初デートのときに男性におごってほしいと思う女性が多いことが一つ。

それに加え、男性がおごるといって不愉快になる女性はほぼいないです。

男性が“おごってやっている”というような横柄な態度をとらない限り、女性は自分に好感をもってくれていると認識し、喜んでくれます。

もし、「いや、私も払います」と女性に断られたらとりあえず「いやここはオレが払うから、2回目のデートは割り勘にしようよ」というのが一番スマートな対応だと思います。

それでも女性が食い下がって「いやいや払います」といったらそのときは柔軟に対応して割り勘にしてもらえばいいでしょう。

相手の気持ちを考え、「この女性は払うといってるけどホントはおごってほしいんだな」と思ったらおごってあげ、「この女性は本当に割り勘したいんだな」という空気感をだしているなら割り勘にすればいいと思います。

いずれにせよ大事なのはスマートに対応することです。

モテる男性は「おごってやっている」という雰囲気を出さずに、自然におごるものです。

最もスマートにおごりたいなら、食事中に女性がお手洗いに行っているときにお勘定を先に済ませることです。

会計のときにおごるおごらないという会話が発生してしまいますから、そのスキはなくしてしまえば女性は気をあまり使わず気持ちよくおごられることができます。

例外 割り勘にした方が良い場合

ですが、ひとつ例外として中国といった男女同権意識の強い、いわゆる女性が強い国の人の場合、男性が女性におごるという行為を下にみていると捉え、怒る人もたまにいますのでそういった文化背景をもっている国の人には注意が必要です。

また、初デートのときにこの女性とは付き合いたくないなとか、脈なしだなと思ったらいっそ割り勘にしてしまうのもアリだと思います。

次に良い女性と出会ったときにそのお金を使ってあげればいいわけですからね。

女性の場合

女性は初デートのとき男性におごられるべきなのでしょうか?それとも割り勘にするべきでしょうか?

総合的にみたベストアンサーを考えました。

女性はおごられたい派でもとりあえず割り勘派のポーズはしよう!

逆に女性の場合、初デートのとき男性におごられるべきなのか、割り勘にするべきなのかは悩みどころだと思います。

私の考えるベスト対応は“とりあえず私も払いますと言っておく戦法”です。

おごる派の男性のなかには女性におごってカッコつけたいと思っている人もいるわけですから素直におごらせてあげた方がいい場合もあります。

そして男性は「私も払います」といってくれる女性におごりたくなるものです。

内心おごってほしいと思っている女性でも、とりあえず会計のときに財布をだす仕草ぐらいはしましょう。

おごられて当然といったような空気をだしている女性に男性はおごりたくないものです。

おごられたい派の女性は、もし「私も払います」といったのにすんなり男性が「じゃあ割り勘にしようか」といってきたら自分が望む男性ではないと判断し、次の男性にいけばいいと思います。

また、本当に割り勘にしたい女性でも絶対に割り勘にしたいという考えでない限り、こちら側が「私も払います」と断っても「いやいやオレが払うよ」とおごることに対して強い意思を感じた場合は素直におごられた方が無難だと思います。

おごられたらお礼メールは必ず!

そして大事なのがおごられたあとです。

おごられたら必ずお礼メールをしましょう。

今だと連絡手段はLINEが主流ですので、LINEで一言「今日はおごってくれてありがとう!」と感謝の一言があれば男性は「まめな人だな」と好感をもち、またデートに誘いたいと思います。

なるべくはやめに感謝のメールは送るようにしましょう。

初デートのときは男性が基本的にはおごり、女性は割り勘にする意思はみせよう!(まとめ)

“初デートのときに男性がおごるべき”という決まったルールはありませんが、基本的には初デートは男性がおごるのが無難だと思います。

特に金銭的な問題や確固たる理由がなければおごってあげましょう。

女性もおごられて当然という態度ではおごってくれた男性に失礼ですし、せめて支払う素振りはみせましょう。

また、相手のタイプや状況、様子をみて割り勘にしてもいいときもあると思います。

結局、一番大事なのは相手の考えを尊重して、その場その場で対応することが大事だということです。

お互いを尊重することは男女の関係を構築する上で最も大事なことなので、初デートのときは特に気を付けましょうね。